なぶら子ども読書推進活動

御前崎市民が、乳幼児期から「本に出会い、本を知り」、就学期には「本で考え、本で学び」、成人になったら「本と生き、本を伝える」ことができるよう、子どもの読書活動を支援する活動です。図書館だけでなく、家庭、保育園、幼稚園、学校、関係機関と地域の皆さん全てが手と手を取り合い、生涯にわたって「本に親しみ、本を活かし」て行けるように、実りある読書活動を進めていきましょう。

ハローブック

御前崎市役所国保健康課が実施する8カ月健康相談でのブックスタート活動に協力しています。図書館アスパルは、ブックスタートでの読み聞かせ案内をはじめ、子育て支援に関わる読書相談やご案内をハローブック事業として行っています。絵本や児童書、子どもと本に関するご相談は、お気軽にどうぞ。

保育園・幼稚園での読み聞かせ

市内の保育園・幼稚園へ毎月1回程度訪問して、読み聞かせを行っています。職員だけでなく、読み聞かせボランティアにも活躍してもらっています。読み聞かせボランティアの活動に興味のある方は、図書館アスパルへお問い合わせください。

学校への読書支援

団体貸出

授業で使う本、朝読書などで読む本、読み聞かせ用の本など、学校で必要とする本の団体貸出を行っています。

学校図書室・図書委員会活動の支援

学校図書室や図書委員会での作業について、お手伝い・アドバイスをしています。

読み聞かせ・ブックトーク

学校での読み聞かせ・ブックトークをご依頼に応じて実施しています。

施設訪問個人貸出

小学校・幼稚園で昼休みなどの時間に、図書館アスパルの本を子どもたち個人へ貸出しています。全校・全園ではありませんので、実施していないところもあります。定期貸出は月1回(長期休暇期間を除く)、特別貸出は相談に応じて訪問しています。

その他

図書館に来るきっかけになるよう、子どもたちの授業作品を学校からお借りして展示しています。読書に興味を持つきっかけづくりとして、読書郵便や読書のしおりなどの展示では、子どもたちが友達にすすめる本を集めた特集コーナーを設置しています。