【受付終了】SPACリーディング・カフェ

2019年7月24日

定員に達したため、受付を終了しました。

SPAC−静岡県舞台芸術センター俳優の作品解説を聞きながら、演劇の台本を声に出して読んでみませんか。いつもなら飲食禁止の図書館で、飲み物を片手にリラックスしてお楽しみいただけます。経験の有無は問いませんので、お気軽にご参加ください。

SPACリーディング・カフェについて
日時2019年8月29日(木)18:30〜
※館内整理日のため、昼間は休館しています。
 18:00から参加者のみ入館できます。
ナビゲーターSPAC俳優 奥野晃士(おくの あきひと)
演目寿歌(ほぎうた)
会場御前崎市立図書館 東館1階
定員15名(先着順)
参加受付7月26日(金)9:00〜
その他参加は無料
当日は好きなお飲み物をお持ちください。
アルコール以外で、蓋ができる容器でお願いいたします。

参加を希望する方は、以下のいずれかの方法でお申込ください。

参加方法
◆御前崎市立図書館◆ 0537−86−8181へお電話またはご来館で。
【受付時間】9:00〜17:00 ※火曜日と金曜日は19:00まで
【休館日】 毎週月曜日

◆SPACチケットセンター◆ 054−202−3399へお電話で。
【受付時間】10:00〜18:00 ※8/5(月)の休養日を除く
詳しくは、館内設置のチラシ(PDF)または、SPAC-静岡県舞台芸術センター公式サイトをご覧ください。

【寿歌】(ほぎうた)作品紹介

1979年に劇作家・北村想が発表した戯曲。核戦争の終わった、ある関西の地方都市。荒野をさすらう旅芸人ゲサクと少女キョウコ、そこに謎の男ヤスオがヌッと現われ…。チンドンの歌と踊り、漫才を繰り広げながら行く“エエカゲンな”世紀末喜劇。3人の旅路の先に待っているものとは―。