ホームページ「読書記録」の使い方

2016年12月20日

ホームページ限定でご利用いただけるサービスを追加しました。「お気に入り資料」と「読書記録」です。使いこなして、図書館利用を更に快適にしましょう。なお、利用をはじめる前に必ず下記をお読みください。利用をはじめられたお客様は、下記についてご理解いただいたものとさせていただきます。

  • このサービスで登録・記録されるデータは、大切な個人情報です。図書館内の端末からは、職員用・利用者用を問わず、利用することも見ることもできません。このサービスの利用に関しては、お客様ご自身がその内容を管理する責任を負うものです。
  • 図書館アスパルへ利用登録されていない人や、利用登録されていてもパスワード登録がお済みでない人は、このサービスを利用することはできません。事前に図書館アスパルで、利用登録・パスワード登録を行ってください。(注:パスワードが登録できるのは、中学生以上のお客様です。)

読書記録

今までに借りた資料の一覧を見ることができる機能です。「前に借りたあれ、何だった?」が、これで解決するかもしれません。

設定について

  1. 「お客様のページ」へログインしてください。
  2. メニューから「読書記録設定登録へ」をクリックしてください。
  3. 記録を残す場合は、「利用する」を選んで「登録する」をクリックしてください。
  • 記録を残すのをやめるときは、「読書記録設定登録」で「利用しない」を選んで「登録する」をクリックしてください。

不要な記録の削除について

  • 1件ずつ削除するときは、読書記録一覧で削除したい資料の欄にある削除ボタンをクリックしてください。
  • 何件か選択して削除するときは、読書記録一覧で削除したい資料の欄にある選択のチェックボックスにチェックを入れてから、画面下部にある「選択した読書記録を削除する」をクリックしてください。
  • 読書記録を全部削除するときは、読書記録一覧の画面下部にある「すべての読書記録を削除する」をクリックしてください。
注意事項
「利用する」を登録した後から新しく借りた資料の記録が確認できます。登録設定以前に借りた資料は一覧に残りません。
一度削除した記録は元に戻すことができません。本当に削除していいか、しっかり確認してから削除を行ってください。
登録を「利用しない」に変更すると、変更後の読書記録は残らなくなります。再度「利用する」に登録しても、「利用しない」期間の記録は残っていません。登録変更するときにはお気をつけください。
登録を「利用しない」に変更しても、「利用する」だった期間の読書記録は、自動削除されません。記録削除を希望する場合は、お客様ご自身で削除作業をお願いします。
記録された資料が、破損などの事情により図書館の蔵書登録から除籍された場合、「読書記録」にはデータが残りますが、実際には資料が所蔵されていないことがあります。

不明な点がありましたら、図書館アスパルにお問い合わせください。