【受付終了】SPACリーディング・カフェ

2017年12月6日

定員に達したため、お申込み受付を終了いたしました。

SPAC−静岡県舞台芸術センター俳優による作品解説を聞きながら、戯曲の台本を声に出して読んでみませんか。いつもなら飲食禁止の図書館で、飲み物を片手にリラックスしながら気軽に楽しむプチ演劇体験。経験の有無は問いません。図書館アスパルまたはSPACへお申し込みください。参加のご希望は、先着順にて締め切らせて頂きますので、お早めにどうぞ。

SPACリーディング・カフェ
題材 『オセロー』 ウィリアム・シェイクスピア原作 小田島雄志訳
日時 2018年1月20日(土) 18時〜2時間程度
ナビゲーター SPAC俳優 横山央(よこやま ひさし)
料金 無料
定員 先着20名
ただいまお申し込み受付中です。
お申し込みは、下記のどちらかへどうぞ。
  • 御前崎市立図書館 0537−86−8181(受付時間/開館中)
  • SPACチケットセンター 054−202−3399(受付時間/10時〜18時)
  • アルコール以外のお好きなお飲み物を、蓋ができる容器でご持参ください。
    『オセロー』あらすじ
    数々の戦で手柄を立てる黒い肌の軍人オセローと愛し合うのは、貴族の娘デズデモーナ。2人は彼女の父親の反対を恐れ、密かに結婚する。しかし、彼を陥れたい男の策略により、愛する妻の浮気を疑い、彼女を殺してしまったオセロー。後になって自分が騙されていたことに気づき…。
    『オセロー』は、シェイクスピアの四大悲劇のひとつ。SPAC版では、死んで霊となったデズデモーナの視点から「愛の物語」として描かれます。
    • SPAC-静岡県舞台芸術センター公式サイトもご覧ください。