資料詳細


【書誌情報】


書名 十二人の死にたい子どもたち
著者名 冲方丁著
出版社 東京 文藝春秋
出版年月 2016.10
価格 1550円
ページ数 404p
大きさ 20cm
ISBN 9784163905419
NDC9 913.6
抄録 かつて病院だった建物に集う、少年少女たち。彼らの目的は安楽死をすること。だがそこにはすでに、ひとりの少年が横たわっていた…。俊英・冲方丁がデビュー20年目にしてはじめて書く、現代長編ミステリー。
著者紹介 1977年岐阜県生まれ。96年「黒い季節」でスニーカー大賞金賞を受賞し、デビュー。2003年「マルドゥック・スクランブル」で日本SF大賞、10年「天地明察」で吉川英治文学新人賞、本屋大賞などを受賞。12年「光圀伝」で山田風太郎賞を受賞。他の著作「ばいばい、アース」など。
資料形態
言語 日本語
マークNo. 182802200

【蔵書情報】


所蔵数:1冊 貸出数:1冊 予約数:0件
資料ID所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
112682919 御前崎   913.6 ウ 貸出中です。

資料一覧へ戻る